知っててよかったマクタン・セブ空港の国内線1番ターミナルの中 Part1

この記事ではマクタン・セブ空港の中を紹介します。

なにがあるのかを知ってもらって、マクタン・セブ空港のの中でゆっくり飛行機をまっていただけたらと思います。

セブ島の人は空港でも体重はかるの?あると便利な体重計

空港の体重計
空港の体重計

マクタン・セブ空港には体重計が置いてあります。

もちろん自分の体重を量っても大丈夫ですが、その為のものではないですねw

荷物をの重さを量る為ですね。飛行機の預け入れ荷物の重さや大きさや手荷物の規定はチケットの買い方などで変わりますが、大まかに、手荷物は7キロまでとされています。

なので飛行機を待つ間に、重さが超過(オーバー)していないかを確認して搭乗手続きするわけです。

荷物がオーバーしてると結構な値段をその場で追加されることがあるので、十分確認しましょう。

もしかしたらセブ島で唯一なんじゃないか?超希少な自動販売機

セブ島にはジュースなどの自動販売機などをほとんど見かけません。

治安や需要の問題もあるのかもしれませんは、セブ島に来て初めて見た自動販売機だったのでメチャメチャ驚いてました。

内容も結構に豊富で、町のコンビニよりはやはり高いですが、お札を使えることにもびっくりしました。

セブ島ではかなり珍しい紙があって流せる、キレイなトイレ

セブ島のトイレって日本人からすると汚く感じるトイレが多いけど、マクタン・セブ空港のトイレは清潔でとてもきれいでした。

これもセブ島唯一かもしれない、紙が備え付けのトイレがあります。フィリピンでは原則トイレに紙が流せないので、トイレに備え付けにほとんどされていません。

飲食店のでも基本ないので、これにも驚きました。

空港で暇つぶしに困らない、充電ポート

充電ポート
空港の充電ポート

スマホのUCB充電ポートがあります。

日本空港にもありますがマクタン・セブ島にもあります。しかも、コンセントの形が日本と同じ形なので充電器しかもってきていない方や、PCの充電にも使えます。待ち時間の暇つぶしには困りませんね。

まとめ

いかがでしたか。マクタン・セブ空港の中は国内線でもかなり充実して過ごせる空間になっているんで、ゆっくり飛行機を待っていただけるはずです。

セブ島からの帰りは名残おしいかもしれませんが余裕を持って飛行機にのりましょう。

次の記事では、飲食店やATMなど,1番ターミナルにある、施設を紹介していますので是非ご覧ください。

知っててよかったマクタン・セブ空港の国内線1番ターミナルの中 Part2

おすすめの記事