男らしい人ほど病みやすい衝撃の理由

男らしい人ほど病みやすいという衝撃の事実が最近の研究で発表されています。
男らしく振舞おうとする、いわゆるカッコイイ男を気取ろうとする男がいますよね。
実は、こういう人ほどメンタルが病みやすいのです。

今回ご紹介するのは、インディアナ大学が過去78件のデータをまとめたメタ分析になります。
参加者合計が19,453人を対象にした実験で、”男らしい人”と”メンタルヘルス”の状態」について調べた研究です。


普通に考えたら男らしい人ってメンタル強そうだし、打たれ強そうに見えますよね。
でも、実際は違ったというのがこの研究の面白い所です。

男らしさの定義

”男らしさ”というと、定義が難しいのですが、ここでは
「競争心が強い」
「感情をあまり表に出さない」
「リスクを積極的に取っていく人」
「喧嘩する事も厭わない」
「自分の事をプレイボーイだと思っている」
「周りを支配しようとする」
「他人に頼らずに、自分で何かを切り開く」
「家庭やプライベートより仕事を優先する」
「男尊女卑みたいな考え方がある」
「同性愛が嫌い」
「筋力が欲しい」
などといった、ステータスを男らしさと定義しています。
この定義を元に78件のデータを処理したところ、面白い事がわかりました。

ヤンキーは鬱病になりやすい

いわゆる世間的に見て男らしいと判断されるテンプレートってありますよね。
例えば、前述したような「競争心が強い」や「権力欲が強い」、「喧嘩っ早い」などと言った男らしさです。
このような男らしさの要素を満たせば満たすほど鬱病にかかりやすくなってしまいます
そう、ヤンキーって鬱病にかかりやすいんです(笑)

さらに衝撃の事実を述べると、鬱病にならなかったとしても、男らしさの要件を満たせば満たすほど人生の満足度は低くなってしまいます
つまり、私たちが憧れる絵に描いたような男らしさを目指すと男性は病みやすくなるのです。

今紹介した中で、特にメンタルが病んでしまう男らしさの典型例が3つあります。
以下の3つにあてはまる男性は注意が必要です。

1.プレイボーイ

2.他人に頼らず自力でどうにかしようとする

3.男尊女卑

では、なぜこのような事が起きるのでしょうか。

研究者によると、男らしさを求めている人の方が、メンタルが悪化しやすい傾向にあり、仮にメンタルの悪化に繋がっているという事実を認識をさせたとしても、本人は変えようと思わないのです。
さらに、これらの傾向は、メンタルヘルスの悪化と強烈な相関関係があったのです。

結局、男尊女卑というのは男女の権利の違いを考えたり「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」などと考える人がいますが、このような考え方を持っている人ほど鬱病になりやすいという研究結果がでています。

そのような考え方は社会にとってもよくないのですが、本人たち自身にも害を及ぼしているのです。

人生の意味を見出すと、鬱病になりにくい

一方、メンタルの悪化と相関性が低い男らしさの特徴もあります。
それは「仕事を優先させる」「リスクを取る」というものです。理由は簡単で、リスクを取って仕事にチャレンジングになることによって、人生の意味を見出せるようになってきます。

そのため、自分の人生に意味をもたらすような事に関して頑張る事は、メンタルヘルスに良い影響を与える事になります。
しかし、男尊女卑のような差別的な行為は、結局自分に鬱病という形で帰って来るという事がこの研究から言えます。

”自分らしくあること”が大切な理由

そのため、「男らしくあろう」ではなく「自分らしくあろう」という意識を持つことが鬱病になるリスクを低下させることになります。
ただ単に、社会的にかっこよく見られたいから、女にモテたいから、といった理由で男らしく振舞おうとする事はオススメしません。

ぜひみなさんも、社会的に見た時に、まともな人であろうとか、男らしくあろうとか、自分が求めてもいない、社会がもとめている何かになろうとする行為はやめて、自分がどうありたいかという事を意識して日々の生活を送りましょう。

おすすめの記事