日本の和食

「これを食べると体にいいですよ」
「これを食べるとこういう事が体に起こりますよ」
などという人がいらっしゃると思います。
しかし、それらを全て鵜呑みにしてしまうのは良くありません。

例えば、「体にいいから、ブロッコリーを食べましょう」と言われても、ブロッコリーばかり食べていたら食事が偏ってしまい、あまり体には良くありません。
あるいは、よくあるダイエット法の中に納豆だけを食べるダイエットというものがありますが、それも食事が偏ってしまうため、普通に考えて体によくありません。

では、どのように食事のバランスをとればよいのでしょうか。
今回は、ざっくりと知っておくだけで人生やメンタルが変わるような食事方法をご紹介します。

地中海と日本の料理は寿命を延ばす

米

2014年に出た論文によると、地中海や日本の和食はすごく良いとされています。
これらは、世界でほぼ唯一と言っていいほど寿命を伸ばす効果があると話題になった食材です。
そのため、日本人に生まれた私たちはすごく得をしていると言っていいでしょう。

地中海料理や和食は、ヨーロッパやアメリカにくらべると、野菜・果物・魚が多い事が、健康やメンタルに良いとされる原因の1つです。
また、あまり加工がされていない食物繊維や穀物も多いという利点もあります。

お米1つをとっても、日本のお米は当たり前ですがお米の形をしていますよね。
しかし、ヨーロッパなどでは小麦の形をしていません。(パンなど)
実は、加工食品と言われるものの定義が色々ありますが、ハムやポテトチップスのような、元の形が残っていないものが加工食品です。
さらに、原材料が何か分からないもの(ガムなど)を超加工食品と言ったりもします。
私たちが健康を維持するためには、なるべく未加工の食べ物を取る必要があります。

この未加工の食べ物が日本には多いのです。元々、日本人は素材をそのまま生かして食べる事が多かったので、日本人に生まれた私たちは最強です。

地中海料理と和食がメンタルに良い理由

地中海料理

西洋の食事と違い、地中海料理や和食は未加工の穀物や食物繊維が多く(野菜・果物・海産物など)、乳製品や赤身肉が少ないという特徴があります。
このような食事を続ける人達はメンタルが強く、不安症や鬱になる発症件数が少ないという事がわかっているのです。

どれぐらいの規模かというと、地中海料理や和食などの伝統的な食事を摂っている人は、そうでない人に比べて鬱の発症リスクが25%~30%ほど下がります。
例えば、過去に鬱になった事がある人は、鬱が再発するという風に言いますが、それが心配な人はなるべく伝統的な和食を食べると良いという事が言えます。

では、具体的にどの種類の食べ物が最も効果的なのでしょうか。

発酵食品は科学者が認める最強フード

発酵食品

科学者が認めているパワーフードと言われるものは、キヌアでもチアシードでもありませんでした。
では何なのかというと、発酵食品です。

そうです、日本には発酵食品(ぬか漬け、納豆など)がかなり多いのです。
そのような食べ物は鬱の症状を抑える効果があり、さらに腸内環境も良くなります。

もしあなたが、「メンタルを安定させたい」「ストレスに強くなりたい」「やる気を出したい」と思うのであれば、毎日1パックの納豆と漬け物を食べると、かなり効果的でしょう。
ストレス社会で戦うための唯一のパワーフードは発酵食品だという風に言っても過言ではありません。

なぜ発酵食品が良いのか

発酵食品には最近が多く入っています。この細菌が腸内環境を良くしてくれて、人間が脳で使っている脳内ホルモンと言われるものを作ってくれるのが腸内細菌なのです。
この腸内細菌がそのホルモンを使って脳をコントロールしているため、食べ物を変えると脳が変わるという風に言われているのです。

魚や発酵肉に含まれているアグマチンポリアミンという成分が脳にいいと言われています。
このことから、やはり地中海料理や和食などの、昔ながらの食べ物には利点がたくさんあるという事ですね。

魚や果物や野菜が中心にして、加工されている物をあまり食べずに、赤身肉が少なめのチキンや発酵食品などを多めに摂るとメンタルが安定し、やる気も出てくるので、みなさんも積極的にやってみて下さい。

おすすめの記事