職場の関係

みなさんは、仕事の人間関係に疲れを覚えますか?
もし、「疲れる」と言うタイプの方がいたら、これから紹介する理由を説明すると納得がいくでしょう。
実は意外な事が原因となっており、それはコミュニケーション能力では無いのです。
今回は、仕事の人脈や人間関係がなぜ疲れるのかという話と、その対策を解説していきます。

人間関係に疲れる原因は罪悪感

人間関係を築く事は、基本的には良い事です。
良い人間関係というのは、例えば中の良い友達は私たちの寿命を延ばしてくれるモチベーションを上げてくれる給料を上げてくれる成功に近づけてくれるトラブル発生リスクが減る、など良い事が非常に多いのです。

しかし、人間関係に疲れる人は一定数存在します。
この、良い人間関係を築ける人と築けない人は何が違うのでしょうか。

実は仕事の人間関係に疲れる原因は、罪悪感なのです。

今回ご紹介する研究(トロント大学の論文)では、仕事のために人脈や人間関係を作ろうとすると、メンタルに悪い影響があるのではないかという事が示唆されています。
306人を対象にした実験では、下心(いい仕事をもらうために、給料を上げるためになど)を持ってもらって人脈を作るようにしてもらいました。

その結果、何が起きたか。

下心丸出しの人脈づくりを頭の中でイメージしてもらったグループの方が、そうでないグループに比べて2倍も罪悪感を強く感じたという結果が出ました。

具体的に言うと、自分がずるしている感覚・汚い事をしている感覚、つまり自己嫌悪感が2倍に跳ね上がったのです。

この罪悪感は良くない理由がいくつかあります。

罪悪感がもたらす悪影響

職場の関係

人間は罪悪感を感じると同時にストレスを感じます。
(サイコパスは話が別ですが・・・)

例えば、新しい人間関係を作ろうとしても、仕事の人間関係のストレスが残っていて、それが刷り込まれてしまっているため、「面倒くさい・・・」という気分になります。
その結果臆病になって、新しい人間関係が開拓できなくなって、仕事の人脈まで失ってしまったりします。
さらにそのプレッシャーやストレスのせいで、仕事のパフォーマンスまで落ちてしまします。

つまり、下心がある状態で他人と付き合おうとすると、メンタルにダメージが溜まってしまって、仕事のパフォーマンスも落ちてしまいます。

素直な人間関係を築くとお金持ちになる

サラリーマン

基本的に人脈作りをする事は一定の効果があります。
トロント大学の論文には165人の弁護士を参照しているデータによれば、積極的に人脈作りをした方がお金持ちになります。
さらに、偉くなって収入が多い弁護士ほど、罪悪感が少ないというデータがあります。

それらを踏まえると、罪悪感を覚えないような素直な関係でお付き合いができる人脈はどんどん広げていった方がいいという事が言えます。

あるいは、あなたにサイコパス性があって、下心がある関係を作っても罪悪感を覚えないのであれば、大きく稼ぐチャンスを備えているかもしれません。

オススメは、利害関係がゼロの関係です。
そういった関係を続けると、基本的にはフェアな関係を保てるので、そういった事を心掛けると良いでしょう。

おすすめの記事