離婚 破局 カップル

 

今回は結婚の科学についてです。
世の中には破局・離婚というものが存在しますが、一体その原因は何なのかという事を調べたハーバード大学の大規模な研究をご紹介していきます。

人間関係は人間が幸せになるために1番大切な事

友達

今回ご紹介する研究は、ハーバード大学の成人発達についてのもので、724人の参加者を75年間も追跡した、世界最大規模の研究です。

参加者の健康状態やメンタルを2年ごとに記録したり、参加者と仲の良い友達や親類との会話までビデオで録画し、それらを75年間も続けるというとんでもない内容です。

もともと、この研究が何のために行われたかというと、人間が幸せになるためには何が一番大切なのかという所から来ています。

75年間研究して分かった事が、結局私たちを健康にしたり、幸せにしたりする要素はいくつかありますが、その中でも1番効果が大きかったのが、”有名になる”、”お金持を手に入れる”、”一生懸命働く”などではなく”良い人間関係を築くこと”にあったのです。

人間関係は友達との関係、親族との関係、恋愛の関係など色々な関係を含みます。
この事がメインの研究結果になっていますが、ここからは破局についての衝撃の事実について述べていきます。

離婚の1番の原因はアルコール

お酒

ハーバード大学の生物発達研究は他にも面白い研究結果が出ています。
例えば、1番の離婚の原因になるのは”アルコールである”という事、つまりお酒です。
お酒のトラブルだったり、酔って帰ってきて喧嘩をしたり、パートナーが飲み会の後にベロベロになって帰ってきて「せっかく待っていたのに●△※✖」と罵声が飛び交ったり、という事態が起こる可能性があります。

結局アルコールによって、正しい判断能力が奪われてしまう事によって、夫婦間の不安が発生し、離婚に繋がってしまう事が分かっています。

ちなみに健康を害する最大の理由はタバコアルコールです。
つまり、アルコールに関してはほどほどにしておくのがベターと言えますね。

また、この研究の面白い所が、知性が高い人も低い人も関係なく、タバコとアルコールの害からは逃れられないという事です。

アルコールは冷静な判断力を奪う

酔っ払い

ではなぜ、具体的になぜアルコールが体に悪いのか。
2019年のジョージア大学の研究を参考に具体的にご説明しましょう。

44組のカップルを集め、お酒を飲ませたグループと水を飲ませたグループに分けます。
その後、すべてのカップルに気まずい状況を想定させます。

例えば、ある男性が彼女と一緒にご飯を食べていたとしましょう。
その時に彼女の親友も一緒にご飯を食べてもらいます。そして彼女が席を外した瞬間に彼氏と彼女の親友がイチャイチャしはじめ、終いにはキスをしているシーンを彼女に見られるといったような、身の毛がよだつ出来事を想定してもらいます。

その後、その気まずい出来事について、彼氏と彼女がお互いに「どんな気持ちになったか」といったような会話をしてもらいます。
男としてはもちろん気まずいですよね。そして彼女もそんな現場に鉢合わせたらイラっときます。

この実験を、お酒を飲んだカップルと、水を飲んだカップルに分けて、”もし自分たちにこのような事が起こったらどうしますか?”という恋愛に関する気まずい会話をわざとさせました。

その結果、お酒を飲んだカップルは、自分たちにそのような事が起こったわけでもないのに笑顔の量が減ったりイライラする態度が増えたりお互いソワソワしたり、会話によるストレスが高まってしまう事が分かりました。

一方、水だけを飲んだカップルは冷静に会話ができました
つまり、私たちはお酒を飲んだら冷静な判断ができなくなってしまうのです。

特に、カップルの関係が気まずい時は、不安や緊張が必要以上に膨れ上がってしまうので、口論をする時や喧嘩をしてしまいそうな状況でお酒を飲んでしまう事は最悪な事なのです。

例えば、奥さんがご飯を作って待っていてくれているのに、旦那さんが仕事の誘いを断れなくてべろべろに飲まされた時。普通に考えたら”仕事だからしょうがない”という事を奥さんは分かっています。しかし、奥さんが「せっかくご飯を作ってまってたから寂しい」という風な事を言うと、男性がお酒を飲んでいる場合は「しょうがねえだろ」といったような発言をしてしまい、口論に発展してしまう可能性が跳ね上がります。

一緒に楽しむお酒はOK

カップル お酒

要するに、お酒は不安やネガティブな感情を増幅させる効果があるので、みなさんも気を付けましょう。
ただこれは、不安やネガティブな感情がある時に限っての事。
ポジティブな時はむしろOKです。なぜなら、お酒を食卓などで一緒に楽しめるカップルほど、破局率が低い事が分かっているからです。

仕事上のお酒はほどほどにして、パートナーと一緒にお酒を楽しむ時間を増やすことで、良い関係が続いていくでしょう。

おすすめの記事