セブの島
セブの島

ここではセブ島在住者がセブ島旅行に持ってきた方がいい物の7つを紹介します。

気軽に海外にいけるとはいえ、セブ島の出発前に準備しておくことは必要ですね。そんなときに何をもっていけばいいのだろう?と不安になるとキリがないですね。

そこで、セブ島住んで4か月目の私から持ってくるでべき物を紹介します。

セブ島に来る際のの荷造りの参考にしてください。

トイレットペーパー

トイレットペーパー
セブ島ではもちあるくほどの、トイレットペーパー

まず、重要なおしらせですが、フィリピンではトイレにトイレットペーパーの紙を流してはいけません。

さらに、大型モールや空港でもトイレにトイレットペーパーを配備していないのでトイレに駆け込んで、紙がないっということが多々起こります。もちろん日本みたいにコンビニのトイレを借りれば・・・なんてこともできません(そもそもコンビニにトイレがありません)。

トイレットペーパーやポケットティッシュは現地でももちろん買えますが、空港からトイレットペーパーはないので、お出かけの際などにもバックに一つは常備しておくことをお勧めします。

スマホ(スマートフォン)

スマートフォン
セブ島でiPhoneは高級品です

もちろん持っていきますよね。そのうえで、日本で是非SIMロック解除をしておいてください。

日本から、世界対応Wi-Fiを持っていったり、海外パケット契約にするのもいいのですが、セブでSIMを買うのを

お勧めします。

モールで買えますし、だいたい最初っから最後まで設定してくれます。その際SIMロック解除されてないとセブ島のSIMがセブ島の空港でも契約できますが少し割高なので、空港からすぐに向かうのがいいです。

水筒やインスタント飲料

セブ島で好みを作れるようにしましょう
セブ島で好みを作れるようにしましょう

セブ島の飲み物ははとにかく甘いです。コーヒーはもちろん紅茶も無糖のものが少なく、探すのに苦労します。

なので、ホテルや宿泊所で作って持っていけ保温水筒などを持っていくこと、コーヒーやお茶などを持っていくことをオススメします。

私のオススメは粉末緑茶です。保存も簡単ですし、どこでもお水があればすぐに緑茶が飲めるので重宝しました。

サングラス

サングラスはUVカットがああるものを
サングラスはUVカットがあるものを

南国の日差しは日本より強いので目にもダメージが出てきます。

日本のものだと安くてもUVカットが効いているものが多くありますが、こちらのものは偽物が多いので日本できちんとした物を持ってくることをオススメします。

ちょっとした外出でもサングラスはかけたほうがいいですね。

日焼け止め

日焼け止めは日本から持って行きましょう
セブ島の強い日差しに日焼け止めは日本から持って行きましょう

南国の日差しは日本んのより強いです。買い物に出かけた程度でも日焼けしたりします。

セブ島にも日焼け止めはありますが、やはり日本のものが質がいいので用意しておきましょう。

あまりかさばらないものにで持ち歩けるものにして、塗りなおすようにするといいです。

上着

クーラーが効きすぎて寒いんです。

セブ島の人は暑がりの人が多いです。クーラーもガンガンに使うので飲食店やバーは寒くなることが多々あります。

外を歩くときは着なくてもいいのですが映画館や食事など長い時間ジッとしている場所では羽織れる物をもっていたほうがいいです。

折り畳み傘

セブ島での雨はスコールです。

あっという間に天気が悪くなって、バケツを返したような雨が降ります。

少しの移動でビショ濡れになるので持ち歩いててるといいです。

そもそもあまり雨が降らない地域なので、傘があまり売ってなくて困るんです、コンビニにもあんまりないんです。

まとめ

流行にあまり行かない方で、これからセブ島に行かれる方セブ島旅行の参考にしてください。

おすすめの記事