【2020年最新版】XMのMT4インストールから取引までのセットアップ方法

ここでは、海外FX業者のXM(XMTradng)のMT4のインストールから取引可能な状態になるまでのセットアップ方法を分かりやすく解説していきます。

まだXMで口座開設が完了していない方は、下記のリンクから完了を済ませてください。


XMTradingのMT4はWindows用、MAC用、WebでそのままMT4が利用できるWEBトレーダーがあります。

インストール方法から取引までの手順を画像で簡単に紹介します。まずは各取引環境にあったプラットフォームをインストールしましょう。XMのMT4インストールは下記ボタンから公式サイトに移動して行えます。

MT4のインストール

赤枠に囲まれた中に、Windows用、MAC用、WEBトレーダーがあります。

WindowsPCへのMT4インストール

ご利用のPCがWindowsの方は「PC対応MT4」を選択してください。

MACへのMT4インストール

ご利用のPCがMAC(マック)の方は「Mac対応MT4」を選択してください。

MT4の取引設定(セットアップ)

ここからインストールしたXMのMT4を取引できるように設定いたします。
まずは取引口座へのログインを行います。

まずはMT4を立ち上げてください。

ここでメニューからログインを選択し取引口座へのログインを行います。

上からXMが発行したログインID(口座番号)、パスワード、取引サーバーを入力、選択をしてください。
これで取引口座へのログインが完了します。

ログイン後、通貨を選択し、右クリックから「新規注文」で通貨の取引が行なえます。

ここまでがログインから取引までの流れです。

XMのMT4へ通貨を追加する方法

ログイン完了後は早速取引を行いたいと思います。恐らくXMを開いた方は最初はここでつまずくのではないかと思います。

ドル円で取引したいからUSD/JPYを選択して新規注文・・・あれ?よく見ると違う通貨が表示されているぞ、注文がクリックできない!?

どうなってるんだろう??

それは恐らくMT4の口座と通貨が一致していないからです。

XMはスタンダード口座とマイクロ口座では通貨が違うので専用の通貨を選択しないと取引ができないのです。

通常、初期設定で取引ができた方はスタンダード口座、できなかった方はマイクロ口座になります。

XMのマイクロ口座へ通貨を追加する方法

マイクロ口座の場合、マイクロ通貨を追加する必要があります。

通貨ペアのところで右クリックで「通貨ペア」を選択してください。

すると通貨ペアリストが表示されます。
基本的に通貨ペアへの通貨の追加はこちらから行います。

それではマイクロ口座へドル円を追加してみましょう。

表示されている一覧から「Forex2Mic」を選択してください。

マイクロ通貨の一覧が表示されます。
この中からUSDJPYmicroを選択して「表示」を押してください。

これで通貨ペアへUSD/JPYmicroが追加されました。
早速選択して取引をしてみましょう。

通貨ペアでUSD/JPYmicroをダブルクリックか右クリックで「新規注文」を選択します。

これで取引ができる状態になっています。

以上でXMTradingのMT4のダウンロードからセットアップ、取引までの流れでした。

XMでの取引はぜひロイヤルキャッシュバックのキャッシュバックをあわせてご利用ください。
取引毎にキャッシュバックが貰えますのでとてもお得です。

おすすめの記事