自己紹介

はじめまして、YAMATOです。

現在はフィリピンのセブ島に在住し、メディア制作の仕事をしながら英語の勉強をしています。
週末はだいたいフィリピン各地でダイビングをしています(笑)

私がセブ島でリアルに体験した情報を中心にセブ島に関する役立ち情報を日々発信しています。

興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

YAMATOの過去

Chapter1:システムエンジニア
2014年4月(当時20歳)

システムエンジニアという肩書に憧れ、システム開発・運用の業務を担う国内の一般企業に就職。
一人前の社会人、そして一人前のシステムエンジニアを目指して、とにかく毎日必死に働く生活がスタート。
パソコンを使ったクリエイティブな仕事内容は好きでしたが、「日付が変わっても仕事をするのが当たり前」という風な職場の雰囲気に違和感を覚え始めます。

そして1年以上勤め続けた私は、よく自問自答をしていました。

"今の仕事楽しいの?"

その答えはいつも"イエス"、いや、当時の私には"ノーと言う勇気がなかった"と言った方が正確でしょう。
つまり、新しい自分へと変わる勇気がなかったのです。

そんな私にある日、転機が訪れます。
何気なく副業としてやっていたYOUTUBEマーケティングで劇的な成果が出たのです。
それは当時働いていた会社の月給を上回っていました。

それを知り、

"俺は今、何のために働いているんだ?"

と、ふと思った当時の私は、一人前のシステムエンジニアになることに対して、どうでもよくなっていることに気づきました。

私はこれを機に、今の仕事を辞めて、YOUTUBEマーケティングに専念する決心をしたのです。

 

Chapter2:Youtuber
2016年7月(当時22歳)

Youtuberとして新たなスタートラインに立った私は、とにかく動画を量産し広告収入を稼ぐことに必死になっていました。
収入の量にはかなりの波がありましたが、月収40万円を超えた時は完全に天狗になっていました。

しかしある日、Youtuber生活を脅かす事態が発生します。

なんと、私が育てて収益を上げていたチャンネルが一斉に削除されたのです。

すぐに状況が理解できなかった私は、早急にGoogleに問い合わせ、何が起きた徹底的に調べました。

しかし、Google本社からの返答は

"ポリシー違反です"

の一点張り。詳しい原因を一切明かしてくれません。

Googleの対応に呆れた当時の私は、またゼロからやり直そうと、渋々新チャンネルを立ち上げました。
過去やってきたやり方でとにかく動画を量産してはYoutubeにアップする作業を繰り返し、なんとか収益源を復活させるところまで這い上がりました。

しかし安心したのもつかの間。

なんと、再びYoutubeチャンネルが一斉削除されたのです。

2度目は本当に心が折れました。
とんでもない時間を費やして作り上げたYoutubeチャンネルが、
一瞬にして消えたのですから。

そんな中、2度目の転機が訪れます。

 

Chapter3:プロダイバー
2017年3月(当時23歳)

私は2015年のGWが暇すぎたのをきかっけに、スキューバダイビングのCカードを取得することにしました。

初めて潜った水中の感動と、海辺で行われた4泊5日のキャンプの楽しさがあまりにも印象的で、Cカード取得後は2~3か月に1回ぐらいのペースでぼちぼちダイビングを楽しむようになりました。

しかし、Youtuberとして活動を始めてダイビングから日々作業に追われており、ダイビングからは見事に足が遠のいていました。

そんな中、半年ぶりぐらいに参加したダイビングツアーの帰り道。
ちょうどYoutubeチャンネルが一斉削除に遭い、苦しい状況下だった時期です。

いつもお世話になっていたダイビングショップの社長から今の仕事について聞かれました。

当時の私は、システムエンジニアを辞め、YOUTUBEマーケティングで収益を得ている旨を明かしました。

この時に、ダイビングショップでの仕事を紹介していただいたのですが、私自身YOUTUBEマーケティング一本で食っていく意思が強かったため、お断りするつもりでいました。

しかし、社長との会談で、ダイビングを仕事にすることで得られるメリットを知り、そして私が思いつかなかった数多くのアイデアを得ることができたのです。

それから私は3つの理由を元に、収入が不安定だったYoutuberとしての生活を一度断念し、ダイビングを仕事にすることを決めました。

理由1:人を説得するためのトーク力、人を楽しませるためのトーク力が身に着けられるから。そこではゲストを楽しませるためのエンターテイメント性とダイビング器材を販売するためのスキルが必要とされていました。将来的により強力なYoutuberとして復活する時のために、トーク力は何としてでも鍛えておきたいスキルでした。

理由2:ダイビングの舞台が私が生まれ育った故郷"熊本県天草市"であったから。今でも地元愛が強めな私は、各地からダイビングが目的でやってくるゲストに対し、天草の海の中を案内できることは、とても光栄で幸せなことでした。

理由3:ダイビングが好きだったから。3つ目の理由は単純で、これを機に好きなことを仕事にできる幸せを噛みしめようと決めました。

結果的に、海の中をガイドするプロダイバーとして1年8ヶ月の間ダイビングショップに勤め500本以上のダイビングを経験しました。

プロダイバーとして活動している最中には数百人に及ぶゲストと関わることもできましたし、日本にとどまらず海外の様々な場所で潜ることができたのは、本当に貴重な経験です。

今でもすっかりダイビングの虜になっているのですが、プロダイバーとしての活動が1年経った頃あたりから、私の中でとある葛藤が始まります。

当時のスタッフ及びゲスト含め、ダイビング仲間としばらく会えなくなるのはとても辛い決断でもありましたが、2018年10月末で、1年8ヶ月勤めたダイビングショップを辞める決心をしました。

理由は、どうしても達成したかった目標のためです。

 

Chapter4:海外生活
2018年12月(当時25歳)

どうしても達成したかった目標、それは

”英語の勉強”です。

始めは勉強せざるを得ない環境に身を置くために留学をして、本格的に英語を勉強しようと考えていたのですが、長期留学しようとするとどうしてもお金が必要になってきます。
当時の私は留学するためのお金がありませんでしたが、海外で本格的に英語を勉強することをあきらめることができませんでした。
とにかく調べて考えに考えた結果、海外で働きながら英語を勉強する決心をしました。

英語圏の国に行けば英語は身に着くと思うのですが、英語を学ぶために滞在したい国はとっくに決めていました。

フィリピン・セブ島です。

決め手は主に、"物価の安さ"と"セブ島がダイビング天国である"という2点です。

現在はセブ島でメディア制作の仕事をしながら、語学学校で英語の授業を受けています。
事実、授業料は他の国や地域に比べるとかなり安いですし、食べ物や交通機関も日本と比べると圧倒的に安いです。
1年中、半袖短パンで過ごせるほど温暖な気候で、かなり過ごしやすく感じます。

週末はキレイな海でダイビング三昧の生活を送っています。

セブ島生活のメインの目的は英語の勉強ですが、ダイビングはずっと続けたいし、Youtubeの復活や起業などもひそかに企んでいます。

 

YAMATO BLOGに込めた思い

YAMATO BLOGではフィリピン・セブ島に興味を持つすべての人を応援します。

基本的に私の実体験を元に記事を書いていますので、より信憑性を持たせたリアルな情報を伝えられるように心がけています。

このブログを訪れた人が、セブ島を楽しんで、もっと好きになってもらえれば本望です。

セブ島の治安、レストラン、ダイビングスポット、留学、なんでも気軽にコメントください。

今後ともYAMATO BLOGをよろしくお願いします。

 

YAMATO